あわしまマリンパーク

みんなの日記

みんなの日記

僕らの底曳網2023

皆さんこんにちは!
お魚担当マサキングです!

月末になって海が大荒れの淡島。強風の中、この日記を書いています。

null

さて、今年も行ってきました。

「地獄の底引き網漁」

と言っても、今回乗船したのはミッチーとマサキングなので、
特に地獄ということもなく、「またこの時期ですね」といった感じです(笑)

では底曳網乗船の様子を少しだけご紹介!

null

朝、日の出とともに漁が始まります。
ということは漁場までの時間を逆算すると、朝4時30分に船が港を出てます。
ということは、夜3時にあわしまマリンパークを出発。

早い。毎年のことながら、早い。

そして、1回目の網が上がってくると

null

null

凄い。毎年乗っていてもこの瞬間だけは凄いって思ってしまいます。

と同時に、上がってきた生き物を素早くバケツに回収。
深海から上がってきて、息も絶え絶えな生き物たち。
無駄にしないよう、山の中から急いで探していきます。


そして、これを繰り返して一日が終わり、淡島に帰るとまだまだお仕事。

null

帰ってきた生き物たちを「薬浴」していきます。
菌を持ち込まれたり、逆に傷口から菌が入らないように。
これも展示に向けた大事な作業です。

そして忘れるべからず

null

毎年恒例の「並べ専門家ミッチーの標本並べ」
これを見ないと底曳網が終わった感じがしないですね!(偏見)

null

もはや芸術。サギフエとキホウボウも並ぶと壮観です。


今回は一部のみ紹介でしたが、ぜひ全貌は解説板やバックヤードツアーを見に来てください!

それでは!

23/11/29:飼育員ブログ

コメント

コメント (0)

コメントを書き込む

PAGE TOP