あわしまマリンパーク

みんなの日記

みんなの日記

不完全だから魅力的

皆さんこんにちは!
魚類チーム新年一発目の日記はマサキングが担当です!
新年のあいさつはアシカチームのぱるるがしてくれたので軽くですが、
今年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、新年なわけですが、年末年始いろいろありすぎておめでたい話題を考える余裕がありませんでした(汗)

なので、毎回のごとくマサキングお得意の「生き物紹介」にしたいと思います。

今回紹介するのはコチラ!

null


「タカアシガニ」


ではなく、

null


エボシガイ」といって、カイの名が付きますがフジツボやカメノテの仲間です。そのなかでも今回タカアシガニについていたのは「ヒメエボシ」のようです。蔓脚(まんきゃく)という器官でプランクトンなどを捕食します。

よく見るといっぱいついてますね(笑)

null

(赤丸で囲んでいるうちに気持ち悪くなってきました、、、付きすぎだよ(笑))


先日移動水族館でお邪魔した先でも、「この米粒みたいなのは何ですか??」と、皆さんにいっぱい質問頂いたので、マサキング的にとてもタイムリーな話題でした。

同じ仲間のフジツボやカメノテなどは岩に固着し、蔓脚でプランクトンなどを捕食しますが、ヒメエボシたちはカニなどの付着した生き物が動いてくれるという利点があります!

タカアシガニが歩けば自動的に場所を変えられる!自分で動けないなら動いてもらえ!
すごい!よく考えたな!

と思ったんですが、ここで一つ疑問が浮かびました。
「タカアシガニが脱皮したら置いて行かれるのでは??」

エボシガイたちもそこまで考えていなかったのか、置いて行かれても「まぁいいか」といった具合なのか、僕にはわかりません(笑)
置いて行かれたところで生きていくのならば、フジツボやカメノテとそう変らないのではないだろうか。。。
もしかしたら、僕が知らない深い理由があるのかもしれません。

ただ、そんなところも可愛らしいなと。完全でない。不完全でちょっと抜けている(?)くらいが魅力的じゃないのかなと感じたマサキングでした。

さて、新年一発目でエボシガイという変わったワールドに足を突っ込みましたが、これからどう沼っていくのか、自分自身も楽しみです!!

それでは、また。お魚担当マサキングでした!


21/01/13:飼育員ブログコメント(0)

2020→2021!!

皆さん、新年明けましておめでとうございます!!!
2021年一発目ブログが書かけるなんてワクワクしますね(笑)

去年はコロナが流行し大変でしたがたくさんの方にご来園いただきました。
ありがとうございます…(涙)

入社してもうすぐで1年が経とうとしているのですが、この1年が一瞬でした。
年が明け、元旦にも家族で来られた方など元旦からとても良いスタートがきれた気がします!

そしてお待たせしました。
毎年恒例のあわしまマリンパークスタッフ一同の集合写真!!!!
ジャ~ン!

null


残念な事に休みの方もいて皆さん揃わなかったんです…
来年こそは全員で撮りたいですね◎

いつもアザラシを紹介しているぱるるですが、今年一発目もアザラシでいきましょう!!

null

どアップのすあまくん
最近はステージに出れるように練習もしているんです!
私もショーに出てまだ半年ですがまだまだ練習することいっぱいです…頑張らないと。
なので、成長した私たちや、今年も元気いっぱいなスタッフに会いに来てもらえたら嬉しいです!!!
そして今年もたくさんの方のご来園をお待ちしております!


ではさようなら~!
海獣チームぱるるでした!

21/01/07:飼育員ブログコメント(0)

PAGE TOP