あわしまマリンパーク

みんなの日記

みんなの日記

6月と言えばね。やっぱりさ。

皆さんこんにちは!
お魚担当マサキングです!

もう間もなく雨の日や曇り空が続きますが、
皆さんはどうお過ごしですか?


さて、お魚担当なのにお魚の話をしないことで
通っているマサキングですが、今回も例にもれず、
お魚の話はしません。
お魚の話はミッチーと中野さんがしてくれるし(笑)


2022年も折り返しに近づき、終わってもいないのに
一年は早いなと感じるこの頃ですが、
この季節になると磯にいる『アイツ』を思い浮かべる
人もいるのではないでしょうか。

null

そう、今回は『アメフラシ』のお話。

「刺激を受けると紫色の汁を出す。これが雨雲の
ように見えるから」や、「梅雨前の時期になると
たくさん見られるから」など、名前の由来は「雨」
に関するものが挙げられます。
「雨降らし(アメフラシ)」ですからね。

でも、英名だとまた違ったとらえ方をするようで、
アメフラシの英名は「Sea here(海のウサギ)」
だそうです。

null


触角をウサギの耳に見立ててそう呼ばれるそう。
うん。確かに見えなくもない。

これはまさに「海ウサギ」や!と言いたくなる
のですが、実は「ウミウサギ」という巻貝が別に
存在します。これはいけません。ネコザメと同じ
パターンです。
(「ネコザメ」→直訳したら「Cat shark」→
「Cat shark」はトラザメの仲間、、、)

宇宙猫発生案件です。
よく考えてみると「アメフラシ」と梅雨になぞらえた
名前を採用するのは、日本に合った名前ですね!


そんな感じで、今回はアメフラシの名前についての
お話でした。さらっとお魚のお話もしましたね(笑)
それではまた!

22/06/08:飼育員ブログコメント(6)

PAGE TOP