あわしまマリンパーク

みんなの日記

みんなの日記

小笠原のお話の続き【島にもいろいろあるんです】

 小笠原諸島にある父島や母島は太平洋の島です。淡島も沖縄本島も屋久島も奄美大島も同じ島です。
しかし、小笠原の島と大きな違いがあるのですがそれはなんでしょう。
 
島が見えたぞー


答えは、小笠原諸島は過去に他の陸地と近づいたり、大陸と陸続きになったことがないということです。
陸続きになれば動物や植物は容易に移動してくることができます。
ですから、奄美大島には、クロウサギ。 西表島には、イリオモテヤマネコ など哺乳類が住んでいますが、
小笠原には陸地を歩く哺乳類はすんでいません。
唯一の哺乳類は、オガサワラオオコウモリです。
また、ヘビもいません。陸上を歩く爬虫類は、オガサワラトカゲ・オガサワラヤモリのみです。

人にとっても行くためには大変なところです。
小笠原に行く手段は船しかありませんが、東京を出港して25時間でようやく到着するところなのです。

ですから、流木にのり偶然たどり着いた、トカゲ。風で吹き流されて偶然たどり着いた植物の種子など、ほんとに数少ない生物種で構成されている生態系
といえます。
なるほど、ガラパゴスと同じ進化の実験場のようなところなのですね。




13/03/24:館長ブログコメント(0)

PAGE TOP